ライフホームは、室蘭市・伊達市・登別市・苫小牧市の注文住宅、新築住宅、リフォーム、メンテナンス、営繕工事、オール電化、高気密高断熱、断熱工事など

木工事について

FrontPage > 注文住宅・新築住宅 > 木工事について

木工事について

基礎と土台の間に気密パッキンをはさんで土台を敷きます。

コンクリートで作った基礎、木材で作った土台を密着させるために、「気密パッキン」と呼ばれる材料をはさみます。(ゴムチューブみたいなものです)

画像の説明

土台大引(どだいおおびき)の下にプラ束(ぷらづか)を立てていきます。

画像の説明

土台の上に床の下地を敷いていきます。

画像の説明

床用構造用合板を接着剤と専用釘で敷いていきます。

画像の説明

1階外部の壁から順に建てていきます。

画像の説明

2階床下地を敷いていきます。

画像の説明

2階ベランダ部分です。

画像の説明

2階部分の壁を建ててます。

画像の説明

屋根の下地まで完成

画像の説明

透湿シート(内部の湿気を出し、外部の湿気を入れないシートです。)を張っています

従来は、高さ90センチの透湿シートを使っていましたが、現在は、高さ3メートルのものを使っています。これにより、より気密性の高い家造りが可能になりました。
画像の説明

壁(構造壁)と外壁(サイディング)の間に通気層を設けます。

通気層を設けることによって、効果的な湿気対策を行うことが出来ます。
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional